【プロトコル】ICMP(Internet Control Message Protocol)

■ はじめに

https://dk521123.hatenablog.com/entry/2015/02/02/215603

の続き。

今回は、 ICMP (Internet Control Message Protocol)について扱う

【1】ICMP

ICMPを説明する前に...

 * IPは、コネクションレス型で、伝送路上に障害が起こったり、
 サーバーが正しく受信できていなかったりしても
 それを送信元に的確に伝えるしくみが用意されていない

【目的】

 * IPの通信に必要な情報を伝えたり、問い合わせたりする役目を担っている

【概要】

 * 「ICMPメッセージ」と呼ばれる短いメッセージを送受信して、
 送信元に問い合わせや通知を行なうことができる

【2】ICMPヘッダ

* 以下の構成になっている

1) タイプ

メッセージの種類
(例: 3:到達不能、5:リダイレクト、11:時間超過、
 8:メッセージが来たら返答下さい、0:無事届いた)

2) コード

エラー原因などを表すコード

3) チェックサム

データが無事かどうかを確認するための値

【3】利用しているコマンド

 * 以下のコマンドは、ICMPメッセージを利用する
  + ping                : 接続状況を調べる
  + tracert(traceroute) : 宛先までの経路を調べる

参考文献

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070731/278717/

関連記事

ping / tracert (traceroute)
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2013/07/12/231426
インターネット層 ~ IP ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2015/02/02/215603