【Linux】 Linux に FTPサーバ vsftpd を構築する ~openSUSE編~

構築環境

 * OS(Linux) : openSUSE13.1
 * FTPサーバ : vsftpd

手順

[1] vsftpdのインストール

1) ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力する

zypper install -y vsftpd

コマンド出力例

linux-cgjs:~ # zypper install -y vsftpd
Loading repository data...
Reading installed packages...
Resolving package dependencies...

The following NEW package is going to be installed:
  vsftpd 

1 new package to install.
Overall download size: 141.7 KiB. After the operation, additional 327.3 KiB will be used.
Continue? [y/n/? shows all options] (y): y
Retrieving package vsftpd-3.0.2-10.1.2.x86_64                  (1/1), 141.7 KiB (327.3 KiB unpacked)
Retrieving: vsftpd-3.0.2-10.1.2.x86_64.rpm .....................................[done (129.0 KiB/s)]
(1/1) Installing: vsftpd-3.0.2-10.1.2 ........................................................[done]

[2] vsftpdの設定

1) /etc/xinetd.d/vsftpd を編集する

vi /etc/xinetd.d/vsftpd

編集内容

# (1) 書き込み許可(yes => noに変更)
        disable                 = no

[3] vsftpd.confの設定

1) /etc/vsftpd.conf を編集する

vi /etc/vsftpd.conf

編集内容

# (1) 書き込み許可(NO => YESに変更)
write_enable=YES

# (2) 1行のバナー表示(コメントアウトおよび内容変更)。任意。又、実環境では設定しない方がいいかも。
ftpd_banner=Welcome to Sample FTP service.

# (3) ディレクトリごと一括転送有効(コメントアウト)
ls_recurse_enable=YES

# (4) 匿名ログイン禁止(YES => NOに変更)
anonymous_enable=NO

# (5) アスキーモード転送許可(コメントアウト)
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

# (6) ローカルタイムを使う(最終行へ追記)
use_localtime=YES

[4] FTPのアクセス制限の設定および解除

 * /etc/ftpusersでFTPのアクセス制限をかけることができ、この中にユーザ名が記述されている場合、
   そのユーザは、例え、認証に成功(UserName/Passwordが一致)してもアクセスを拒否される

1) /etc/ftpusers を編集する(必要時のみ)

vi /etc/ftpusers

編集内容

 * 例えば、「root」ユーザを使用する場合

【修正前】
postgres
root
sapdb

【修正後】
postgres
#root # Comment out
sapdb

[5] vsftpdの起動

1) ターミナルを起動し、以下のコマンドを入力する

/sbin/service vsftpd start

chkconfig vsftpd on