【ネットワーク】【プロトコル】ネットワーク インターフェース層

ネットワーク インターフェース層

 * ネットワークに直接接続された機器間を伝送できるようにする。

プロトコル

Ethernet(イーサネット)

 * LANで最も使用されている規格
  + コネクタの形状
  + ケーブルの種類
  + フレームの形状
  + 信号に関する決まり
  + 媒体アクセス制御(誰がデータを送っていいのか?)
 * アクセス制御にはCSMA/CDを採用

動画

https://www.youtube.com/watch?v=heMazym79vM

PPP (Point-to-Point Protocol)

 * 二台の機器の間で仮想的な専用の伝送路を確立し、相互に安定的にデータの送受信を行うことができる

HDLC (High-level Data Link Control)

 * 相手の応答を待たず連続して送信できるなど伝送効率が高く、
   CRCによる誤り制御などを行うなど信頼性も確保している

ARP(Address Resolution Protocol。アープ)

 * IPアドレスを元に、MACアドレスを求めるプロトコル

【実験】
 * コマンドプロンプトで「arp -a」と入力すると、MACアドレスが格納されているARPテーブルが表示される

RARP(Reverse ARP。ラープ)

 * MACアドレスを元に、IPアドレスを求めるプロトコル

関連知識

MACアドレス

 * MACアドレス(Media Access Control address)
 * LANで通信相手を区別する時の識別子
 * NIC(Network Interface Card)に焼き付けられている
 * 48ビット(例えば「00-50-56-e5-77-60」)
 => 上位24ビットがメーカーに割り当てられ、下位24ビットは個々のインターフェイスを識別する値

動画

https://www.youtube.com/watch?v=6xTzhQFeJf4

媒体アクセス制御

前提条件

 * 同じネットワーク内でデータを送れるのは一台のみ
 * データ送信は、データ送った人以外全員に送られる
 => 送信権を決める方式が必要となる

CSMA/CD

 * Ethernetの媒体アクセス制御
 * Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection

動画

https://www.youtube.com/watch?v=OHShUr_SA_g