【Linux】【Java】Linux で JDK をインストール / アンインストールする

はじめに

https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170118-jre.html
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170419-jre.html
で、Java脆弱性があったので、インストール / アンインストールをまとめておく

RPM でインストール / アンインストール

インストール

sudo rpm -ivh jdk-8u144-linux-x64.rpm

sudo update-alternatives --config java
# 複数あるインストールした番号を選ぶ

# 該当したJDKのバージョンがインストールされていることを確認
java -version
2018/08/15追記 JDK10が出てたのでインストール
sudo yum localinstall jdk-10.0.2_linux-x64_bin.rpm -y
http://zero-config.com/centos/install-java8.html
より抜粋
~~~~
rpmコマンドでインストールすると、
yumで管理しているrpmデータベースと食い違いがでてくるので、
yumコマンドでインストール
~~~~

アンインストール

# JDKの一覧を表示する
rpm -qa | grep jdk

# 該当のJDKをアンインストールする
sudo rpm -e jdk1.8.0_121-1.8.0_121-fcs.x86_64

補足:「rpm: コマンドが見つかりません」と言われた場合

rpm をインストール
# Debianの場合
sudo apt-get install rpm

参考文献

アンインストール
https://www.java.com/ja/download/help/linux_uninstall.xml#rpm
http://www.task-notes.com/entry/20150602/1433214000

関連記事

Linux(仮想環境) で、JDK / Tomcat / Eclipse の環境を構築する ~Debian編~

https://blogs.yahoo.co.jp/dk521123/33854227.html

Linux(仮想環境) で、JDK / Tomcat / Eclipse の環境を構築する ~openSUSE編~

https://blogs.yahoo.co.jp/dk521123/33684436.html