【AWS】LocalStack ~ awscli-local ~

■ はじめに

https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/12/14/010524
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/12/16/231149
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/11/10/205535

の続き。

今回は、ローカル環境にAWS環境を作成する LocalStack を扱ってきたが
その環境で使用する awscli-local ってものがあるので、メモ。

目次

【1】awscli-local とは?
【2】環境設定
 補足:確認時に「awslocal: command not found」となった場合
【3】使用例
 1)S3バケットの確認

【1】awscli-local とは?

https://53ningen.com/dynamodb-localstack/

の説明が分かりやすかったので、抜粋。
~~~~~~
aws --endpoint-url=http://localhost:XXXX と毎回入力するのは面倒なので、
そのあたりをラップしてくれる localstack/awscli-local コマンドがベンリ
~~~~~~

Github
https://github.com/localstack/awscli-local

【2】環境設定

# awscli-localをインストール
pip3 install awscli-local

# 確認
awslocal --version

補足:確認時に「awslocal: command not found」となった場合

https://qiita.com/plum_shiga/items/5214510f9786898c987f

が勉強になった。

1)pipでインストールされているか確認

pip3 list | grep aws

awscli                 1.18.195
awscli-local           0.9 << ★入っている★

2)実行モジュール本体がどこにあるか調査してみる

pip3 show awscli-local
~~~~~~
・・・
Location: /home/<USER NAME>/.local/lib/python3.8/site-packages
・・・
~~~~~~

pip3 show awscli-local -f | grep /bin
~~~~~~
  ../../../bin/awslocal
  ../../../bin/awslocal.bat
~~~~~~

 => 「cd /home/user/.local/bin」に移動し、「awslocal」を発見!

3)環境変数 PATH に追加および確認

vi ~/.bash_profile
~~~
export PATH=/home/user/.local/bin:$PATH
~~~

# 適用
source ~/.bash_profile

# 確認
awslocal --version
 => 「aws-cli/1.18.195 Python/3.8.5 Linux/4.19.128-microsoft-standard botocore/1.19.35」が表示!

【3】使用例

1)S3バケットの確認

awslocal s3 ls

参考文献

https://53ningen.com/dynamodb-localstack/

関連記事

LocalStack ~ ローカルで疑似AWSを作成する ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/12/14/010524
LocalStack ~ ローカルで疑似Lambda/S3/DynamoDBを作成する ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/12/16/231149
LocalStack ~ ローカルで疑似Glueを作成する ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/11/10/205535