【AWS】EC2 Image builder ~ 基礎知識編 ~

■ はじめに

EC2 Image builder について、少しづつだがメモっていく

目次

【1】EC2 Image builder
【2】用語整理
 1)コンポーネント
 2)イメージレシピ
 3)イメージパイプライン
 4)ゴールデンイメージ
【3】料金
【4】サポート状況
 1)OS
 2)出力フォーマット
【5】作成の流れ

【1】EC2 Image builder

* AMI (Amazon Machin Image) を作るためのAWSサービス

https://aws.amazon.com/jp/image-builder/faqs/

より抜粋

Amazon EC2 およびオンプレミスで使用する Linux または
Windows イメージの作成、メンテナンス、検証、共有
そしてデプロイをシンプルにします

注意点

* "EC2" とあるのが、
 オンプレのイメージ(VHDX、VMDK、および OVF)も作れる

【2】用語整理

1)コンポーネント

* コンポーネントには、以下の2種類がある

[1] ビルドコンポーネント

* ソフトウェアパッケージのダウンロード、インストール
 および構成の手順を定義するYAML

[2] テストコンポーネント

* ソフトウェアパッケージで実行するテストを定義するYAML

2)イメージレシピ

* 作成するイメージの設計書
* イメージレシピ=ソースイメージ+コンポーネント(ビルド/テスト)

3)イメージパイプライン

* イメージ作成を自動化するための設定
* パイプライン=イメージレシピ+インフラの設定+配布設定+実行契機

4)ゴールデンイメージ

* さまざまな種類の仮想ネットワークハードウェアのテンプレートとして使用できる
 標準的なバージョンのクローンディスク

補足

* 別にAWS 用語ではなく、一般用語らしい

https://www.redhat.com/ja/topics/linux/what-is-a-golden-image
https://techhub.hpe.com/eginfolib/synergy/image_streamer/i3s-ui-help/ja/content/GI.html

【3】料金

* 基本無料だが
 裏で動くEC2など使用した分のAWSリソース料金は掛かる

コスト例

* EC2インスタンス料金
* Amazon S3 / Amazon CloudWatch Logs
* EBSスナップショット
* Amazon Inspector

【4】サポート状況

1)OS

* Amazon Linux 2
* Windows Server 2012、2016、2019、version 1909
* Ubuntu Server 16、18
* Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7、8
* Cent OS 7、8※
* SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 15

※CentOS 8はAWS MarketplaceからパブリックAMIとして利用できないため、AWS VM
Import/Export (VMIE) を使用してご自身のCentOS 8 AMIを持ち込む必要があります。

2)出力フォーマット

* AMI
* VHDX、VMDK、OVF

【5】作成の流れ

[1] コンポーネントを作成
[2] コンポーネントからレシピを作成
[3] レシピからイメージパイプラインを作成
[4] イメージパイプラインからAMI作成される

参考文献

https://d1.awsstatic.com/webinars/jp/pdf/services/20200825_BlackBelt_EC2imagebuilder.pdf
https://qiita.com/miyuki_samitani/items/6d3715ddb5ed8e6cc41f
https://dev.classmethod.jp/articles/ec2-image-builder-primer/

関連記事

Amazon EC2 ~ 入門編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2017/02/16/235120