【AWS】Amazon S3 ~ 入門編 ~

 ■ はじめに

https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/10/19/212241

で、Auto Scaling を行うと、EC2インスタンス自体がなくなってしまい
ログが回収できなくなるとのことなので、何かいい方法はないかと探してたら
以下のサイトが見つかった。で、その前段として、S3について調べる。
EC2インスタンス停止/終了時にログなどをS3に保存(CentOS 6.2) 

http://blog.suz-lab.com/2012/04/ec2s3centos-62.html

目次

【1】Amazon S3
【2】動画
【3】用語整理
【4】AWS CLIでS3を操作する
【5】「s://xxxx」を表示するには...
【6】S3バケットをネットワークドライブに割り当てる
【7】削除したS3上のファイルを復元するには...

 【1】Amazon S3

 * Amazon Simple Storage Service (S3)
 * 容量に関係なくデータを格納および取得できる

 料金体系

 * データ格納容量
 * データ転送量(OUT)
 * APIリクエスト数

※ 料金に関する詳細は、以下の関連記事を参照のこと

https://dk521123.hatenablog.com/entry/2020/07/22/195336
 できること

[1] ファイルをデータ格納(アップロード / ダウンロード)
[2] ファイルをネット公開

【2】動画

 * まずは、以下のサイトを一見してみた方がいい

http://dotinstall.com/lessons/basic_aws/9515
http://dotinstall.com/lessons/basic_aws/9516

無料ハンズオンについて

https://www.qwiklabs.com/

で無料で「Introduction to Amazon Simple Storage Service (S3)(日本語版)」により
疑似体験できる

 【3】用語整理

 バケットBucket

 * 保存場所(フォルダみたいな感じ)
 * バケット名はグローバルでユニークである必要がある

 【4】AWS CLIでS3を操作する

 * 以下の関連記事を参照のこと。

https://dk521123.hatenablog.com/entry/36799017

【5】「s://xxxx」を表示するには...

[1] 表示したいファイルのチェックボックスにチェックを付ける
[2] 「コピーパス」を押下
 => クリップボードにコピーされている

【6】S3バケットをネットワークドライブに割り当てる

https://qiita.com/ABCompany1/items/ad6acac16fa9089c1881

が詳しく載っているが「TntDrive(有料ソフト)」でできる。

 参考文献

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/cm-advent-calendar-2015-aws-re-entering-s3/
AWS CLI
http://www.task-notes.com/entry/20150904/1441335600
今後参考になりそうなサイト

EC2インスタンスのログをログ収集サーバに集約しS3に保存する

http://qiita.com/MrMN/items/2b382d9e6f3a4f4f54fc
http://qiita.com/digitalpeak/items/60da0f8903b7e869b8fe

CDP:Log Aggregation パターン(Web Storage Archiveパターンが統合された) 

http://aws.clouddesignpattern.org/index.php/CDP:Log_Aggregation_%E3%83%91%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3

より抜粋

terminate 時に最後の収集を実行する場合は、Auto Scalingのライフサイクルフックを利用する

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/autoscaling/latest/userguide/lifecycle-hooks.html

【7】削除したS3上のファイルを復元するには...

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonS3/latest/user-guide/undelete-objects.html

に詳しく載っている。
削除したオブジェクトを復元するには、削除マーカーを削除する必要らしい。
マジで助かった。。。
~~~~
1)Amazon S3 コンソール (https://console.aws.amazon.com/s3/) を開く
2)[バケット名] リストで、目的のバケットの名前を選択
3)[表示(Show)] を選択し、削除されたオブジェクトの削除マーカーを表示する
4)復元するオブジェクトの削除マーカーの横にあるチェックボックスを選択し、
  [アクション(Action)]-[削除(Delete)] を選択
5)[非表示(Hide)] を選択すると、復元されたオブジェクトの一覧が表示

関連記事

Amazon S3 ~ アクセス制御編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2020/09/29/165636
Amazon S3 ~ アクセス制御 / IAM Policy 編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2020/10/24/201738
Amazon S3 ~ バージョニング編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2017/04/03/235355
Amazon S3 ~ リダイレクト機能 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2017/12/15/232236
Amazon S3AWS CLIで操作 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2017/04/01/235355
Amazon S3Python boto3で操作~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/10/21/230004
boto3 API / list_objects_v2 の 使用上の注意 と その対策
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/12/06/232617
AWS のコスト節約を考える ~ S3編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2020/07/22/195336
Amazon S3 ~ S3 Glacier / S3 Glacier Deep Archive ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2020/10/01/230953