【Snowflake】Snowflake ~ 入門編 / Hello world ~

■ はじめに

https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/11/02/130111

の続き。

 既に出来合いのシステムの Snowflake を触りだしたのだが、
やっぱり、ちゃんと学びたいと思った。
Snowflakeは、30日間無料トライアルでの使用があるので
基本的な操作をメモしておく。

 また、2021/11/22現在のところ、
セミナーを探していたら、初心者用のセミナーがでてきたので
それらと組み合わせて学習するのもありかも。

目次

【1】Snowflakeアカウント登録
 0)前提条件
 1)手順 - 概要
【2】Snowflakeの操作
 1)Web UIからのGUI操作
 2)Web UIからのSQL実行による操作
【3】Snowflake のログイン / Web UI へのアクセス
【4】サンプル
 例1:Hello world
  a) Database/Schema/Table/Warehouse 作成
  b) SQL によるデータロード (INSERT)
 例2:読み取り専用ロール・ユーザ作成
  a) 読み取り専用ロールのカスタムロール作成
  b) ロール階層の上位レベルロールを割り当てる
  c) 各オブジェクトに権限付与
  d) 読み取り専用ユーザ作成
  e) 動作確認

【1】Snowflakeアカウント登録方法

0)前提条件

* 登録用のEmail

1)手順 - 概要

以下のSnowflakeのトライアルページにアクセスする

Snowflake Trial

各項目を入力して、Emailが届くので、Activationすれば
後は、流れで使えるようになる

 => 詳細は、以下のサイト参照。

https://knowledge.insight-lab.co.jp/snowflake/beginner/free-trial
https://dev.classmethod.jp/articles/snowflake-trial/

【2】Snowflakeの操作

大きく分けて、以下の2通りがある。
~~~~~~~~~~~~
1)Web UIからのGUI操作
2)Web UIからのCLI実行による操作
~~~~~~~~~~~~

1)Web UIからのGUI操作

* Web UI を通して、操作する

例:データベース作成

[1] Web UI から [データベース]-[作成(+)]を選択
[2] データベース名(ex. hello_world)を入力し、「完了」ボタン押下

2)Web UIからのSQL実行による操作

* Web UI の ワークシート上で、SQLを実行して操作する

例:データベース作成

[1] Web UI から [ワークシート]を選択
[2] 以下のSQLを入力し、「実行」ボタン押下
~~~~~~~~~~~
create database hello_world2;
~~~~~~~~~~~

【3】Snowflake のログイン / Web UI へのアクセス

* メール(件名:「Welcome To Snowflake!」)の中に
 「LOGIN TO IN SNOWFLAKE」ボタンを押下すると、
 ログイン画面に遷移できる

 => 適切なログイン情報でログインできると
  Snowflake の Web UI にアクセスできる

【4】サンプル

例1:Hello world

a) Database/Schema/Table/Warehouse 作成

-- Database作成
CREATE DATABASE demo_database;
-- DROP DATABASE demo_database;

-- Schema作成
CREATE SCHEMA demo_database.demo_schema;
-- DROP SCHEMA  demo_database.demo_hello_schema;

-- Table作成
CREATE TABLE demo_database.demo_schema.demo_hello (
  id STRING
  , name STRING
);
-- DROP TABLE demo_database.demo_schema.demo_hello;

-- Warehouse作成
CREATE WAREHOUSE demo_warehouse WITH
  WAREHOUSE_SIZE = xsmall
  INITIALLY_SUSPENDED = TRUE
  AUTO_SUSPEND = 60
  AUTO_RESUME = TRUE;
-- DROP WAREHOUSE demo_warehouse;

USE WAREHOUSE demo_warehouse;

b) SQL によるデータロード (INSERT)

USE DATABASE demo_database;
USE SCHEMA demo_schema;

-- INSERT
INSERT INTO demo_hello (id, name)
VALUES('x0001', 'Hello'), ('x0002', 'World');

-- SELECT
SELECT * FROM demo_hello;

例2:読み取り専用ロール・ユーザ作成

* 以下を参考に、読み取り専用ロール・ユーザを作成してみる
 => SECURITYADMIN ロール以上のユーザーとして実行

https://docs.snowflake.com/ja/user-guide/security-access-control-configure.html#creating-read-only-roles
a) 読み取り専用ロールのカスタムロール作成

CREATE ROLE read_only_role
  COMMENT = 'This role is for read only';

b) ロール階層の上位レベルロールを割り当てる

GRANT ROLE read_only_role
  TO ROLE sysadmin;

c) 各オブジェクトに権限付与

-- DB使用の権限
GRANT USAGE
  ON DATABASE demo_database
  TO ROLE read_only_role;

-- Schema使用の権限
GRANT USAGE
  ON SCHEMA demo_database.demo_schema
  TO ROLE read_only_role;

-- SELECT実行権限
GRANT SELECT
  ON ALL TABLES IN SCHEMA demo_database.demo_schema
  TO ROLE read_only_role;
-- ★注意★
-- 既存テーブルにのみ適用。
-- 新しいテーブル作成した際は適用されない

-- 将来的にも、読専にしたい場合
GRANT USAGE
  ON FUTURE SCHEMAS IN DATABASE demo_database
  TO ROLE read_only_role;

GRANT SELECT
  ON FUTURE TABLES IN SCHEMA demo_database.demo_schema
  TO ROLE read_only_role;

-- ウェアハウス使用の権限
GRANT USAGE
  ON WAREHOUSE demo_warehouse
  TO ROLE read_only_role;

d) 読み取り専用ユーザ作成

CREATE USER IF NOT EXISTS demo_read_only_user
  LOGIN_NAME = "demo_read_only_user"
  DEFAULT_ROLE = "read_only_role"
  PASSWORD = "password" -- ★ここは、パスワード変える★
  MUST_CHANGE_PASSWORD = TRUE
;

補足:既存ユーザに対して割り当てる場合

-- 1) 一旦、無効化
ALTER USER demo_read_only_user SET DISABLED=true;

-- 2) 対象ユーザに、読み取り専用ロールを適用する
GRANT ROLE read_only_role TO USER demo_read_only_user;

-- 3) デフォルトロールに、読み取り専用ロールを適用する
ALTER USER demo_read_only_user SET DEFAULT_ROLE = read_only_role;

-- 4) 有効化
ALTER USER demo_read_only_user SET DISABLED=false;

e) 動作確認

-- ログアウトして、「demo_read_only_user」でログインしなおす

USE DATABASE demo_database;
USE SCHEMA demo_schema;

-- OK
SELECT * FROM demo_hello;

-- ここで、エラー「SQL access control error: Insufficient privileges to operate on table 'DEMO_HELLO'」
INSERT INTO demo_hello (id, name)
VALUES('x0003', 'Hello'), ('x0004', 'World');

関連記事

Snowflake ~ 基礎知識編 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/11/02/130111
Snowflake ~ 基本編 / データ型 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/12/16/095524
Snowflake ~ 基本編 / キャスト ~ ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/12/15/162658
Snowflake ~ 基本編 / データロード ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/11/15/221245
Snowflake ~ 基本編 / アクセス制御 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/11/16/231010
Snowflake ~ 基本編 / ゼロコピークローン ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/11/27/134934
Snowflake ~ GRANT OWNERSHIP ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2022/02/25/094250
Snowflake ~ SHOW / DESCRIBE ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2022/02/24/231532
Snowflake ~ エラー時の解析方法 ~
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2022/04/20/192334
エラー「Failed to cast variant value "" to XXX」時の対応
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2021/12/17/102659