【AWS】Amazon WorkSpaces

■ はじめに

Amazon WorkSpaces(アマゾン ワークスペース) ってのを
使うことになりそうなので、予習しておく。

目次

【1】Amazon WorkSpaces
【2】利点
【3】料金
【4】環境
 1)OS
 2)オプション
 3)接続プロトコル
 4)クライアントの対応OS
【5】その他の技術事項
 1)ディレクトリ
 2)登録コード(Registration code)
【6】Tips
 1)パスワード変更

【1】Amazon WorkSpaces

* マネージド型の仮想デスクトップサービス
 (Virtual Desktop Infrastructure)

【2】利点

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workspaces/latest/adminguide/amazon-workspaces.html

1) セキュア(AWS KMSを使用したデータの暗号化, MFAの使用 など)
2) データバックアップ
などなど、、、

※ MFA (Multi-Factor Authentication) については、
 以下の関連記事を参照のこと。

多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/10/03/222600

【3】料金

以下の2通り選べる。
~~~~
1) 月額固定料金
2) 従量課金
~~~~
# 無料利用枠もあり

https://aws.amazon.com/jp/workspaces/pricing/

* 以下のサイトで見積もりができる

https://calculator.aws/#/createCalculator/WorkSpaces

【4】環境

1)OS

1) Windows
2) Linux

2)オプション

* 以下をオプション(Officeバンドルモデル)で付けられる

1) Microsoft Office Professional
2) Trend Micro Worry-Free Business Security Services
3) Utilities (Internet Explorer 11, Firefox)

3)接続プロトコル

1) PCoIP
2) WSP( WorkSpaces Streaming Protocol)

* 使い分けは、以下のAWS公式ドキュメントに詳しく記載されている

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workspaces/latest/adminguide/amazon-workspaces-protocols.html

4)クライアントの対応OS

* 以下のOS上で操作できる
 + Windows
 + Mac
 + Linux
 + iPad
 + Andoroidタブレット
 + Web Access (ブラウザ経由)
etc
* 詳細は、以下のAWS公式サイトを参照。

https://clients.amazonworkspaces.com/

【5】その他の技術事項

1)ディレクト

* WorkSpace とユーザ情報を格納し管理する
 => AWS Directory Service を利用しているっぽい
 => AWS Directory Service については、以下の公式サイト参照

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/directoryservice/latest/admin-guide/what_is.html

a) ディレクトリタイプ
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/workspaces/latest/adminguide/manage-workspaces-directory.html

より

[1] AD Connector
 ... 既存のオンプレミス Microsoft Active Directory を使用

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/directoryservice/latest/admin-guide/directory_ad_connector.html

[2] AWS Managed Microsoft AD
 ... AWSで提供している Microsoft Active Directory を使用

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/directoryservice/latest/admin-guide/directory_microsoft_ad.html

[3] Simple AD
 ... AWSで提供している Samba 4 Active Directory Compatible Server を使用

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/directoryservice/latest/admin-guide/directory_simple_ad.html

2)登録コード(Registration code)

* ディレクトリとWorkSpaceが同じ登録コードで紐づけられている

【6】Tips

1)パスワード変更

* WorkSpaces 作成後、メールが送信されるが、
 そのメールを紛失した場合の対処。
 => 以下のサイトが詳しい。

https://blog.serverworks.co.jp/reset-password_of_directory_users
管理者の場合

[1] AWS Management Consoleから
  [AWS Directory Service]-[Reset password]を選択
[2] 必要な情報を入力して、「Reset password」をクリック

参考文献

https://www.ctc-g.co.jp/solutions/cloud/column/article/10.html
https://www.seeds-std.co.jp/blog/creators/2020-12-23-111727/
https://qiita.com/miyuki_samitani/items/23d38070bae718f5c72b
https://www.sunnycloud.jp/column/column04/

関連記事

Active Directory
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2015/03/11/223927
多要素認証(MFA:Multi-Factor Authentication)
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2019/10/03/222600