【ネットワーク】インターネット層 ~ IP ~

【1】インターネット層の役割

* IPアドレスから経路を選択する
* 宛先情報を付加してデータリンク層に渡す

【2】IPアドレス

* TCP/IPが使う論理アドレスで、
 この論理アドレスを使ってルータは経路選択をする

【3】関連用語

IPアドレッシング

* IPアドレスを設定すること

生存時間 (TTL ; Time To Live)

* パケットの寿命で、実際は何個のルータを中継してもいいかを設定
 => ルータを通過するたびに、1づつ減っていく
 => 0になったら、パケットを破棄

【4】その他の関連するプロトコル

ICMP(Internet Control Message Protocol)

* 以下の関連記事を参照のこと

ICMP(Internet Control Message Protocol)
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2022/05/03/000000

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)

 * ホスト(クライアント)に対して自動的にIPアドレスを割り当てるプロトコル
 * UDPを使用(UDPは以下の関連記事を参照のこと)

仕組み

1) DHCPクライアントは、要求を出すとき、
   宛先のIPアドレスを「255.255.255.255」(※1)向けて送信する。これを、DHCPサーバのみ応答する

 ※1 ブロードキャストアドレスといい、同じLANの全ての機器に送信するための特殊なアドレス
 ※2 要求を出している時点でのDHCPクライアントのIPアドレスは「0.0.0.0」である

2) DHCPサーバは、使用可能なIPアドレスをその返信として、送り返す
3) IPアドレスを付与したDHCPクライアントは、
   再度、IPアドレス「255.255.255.255」宛に確認を送る
4) DHCPサーバが応答したら、やり取り完了。(IPアドレスを使用できるようになる)

動画
https://www.youtube.com/watch?v=zaeX1bbGsI0

NAT/NAPT/UPnP

* 以下の関連記事を参照のこと

関連記事

ICMP(Internet Control Message Protocol)
https://dk521123.hatenablog.com/entry/2022/05/03/000000